大阪府立懐風館高等学校

部活動

部活動
TOP > 部活動

懐風館の特徴の1つは、部活動が盛んなところです。豊かな自然と充実した施設が整備された環境のものと、スポーツ活動や文化活動で、自分の限界に挑戦しましょう。

運動部の紹介

文化部の紹介

生徒の声

3年 柳瀬 真紀さん(富田林市立第一中学校) 吹奏楽部 部長

 私は、吹奏楽部でクラリネットを担当しています。吹奏楽部は現在、8名の部員で活動しています。活動内容は、本校の体育大会のオープニングや文化祭で演奏したり、保育園や老人ホームなど学校以外の場所でも積極的に演奏しに行きます。

 そして、一番力を入れているのは、やはりコンクールです。懐風館高校は小編成で参加していますが、昨年のコンクールでは「きらめき賞」と「優秀賞」を獲得し、府大会まであと一歩のところまで進みました。

懐風館高校の吹奏楽部は、人数が少ないから悩むこともたくさんありますが、だからこそ一人ひとりと向き合うことができ、コミュニケーションがとりやすいということで、みんな仲が良いです。人数が少ないからこそ、協力・団結することはとても大切です。勉強との両立は難しいですが、部活動に参加していると人として成長できます。皆さんも何か部活動に参加し、高校生活をより豊かに、より充実したものになるように頑張りましょう。

3年 島田 琉生さん(羽曳野市立誉田中学校) サッカー部 主将

 僕はこの2年間の中で、部活動に力を入れてきました。懐風館高校サッカー部は、先輩と後輩の距離が近く、とても仲が良いです。中学生の時は外部のチームでサッカーをしていましたが、その時は先輩が引退しても別に何とも思いませんでした。でも、懐風館高校のサッカー部に入部し、先輩との別れがこれほど悲しいものだということを初めて知りました。

 しかし、別れもあれば出会いもあります。新しい後輩たちとの出会いです。そして、何より2年間ずっと一緒に汗を流し、時には一緒に涙を流しながら楽しくサッカーをやってきた同期の仲間との出会いは、僕にとって一生の宝物です。

 毎年恒例の合宿では、全国のチームと試合ができ、午後にはBBQや肝試しなどのレクリエーションもするので、とても内容が濃くて楽しい思い出ができました。

 懐風館高校では、2年生から個々の興味や関心に合うカリキュラムを選択することができます。わからない問題や疑問に思うことを先生に尋ねると、丁寧に教えてくれます。自然豊かな懐風館高校の雰囲気のおかげで、部活動や勉強、学校行事など、全てにおいて充実した高校生活を送ることができています。

 懐風館高校は素晴らしい学校です。皆さんも、高校で一生の思い出を作りましょう。

3年 國廣 太一さん(柏原市立堅下北中学校) 硬式野球部 主将

 僕が今までの懐風館高校生活の中で、一番やりがいを感じて一所懸命に取り組んできたことは部活動です。僕が所属している野球部の活動ですが、一番の魅力はグラウンドが広いので実戦的な練習ができることです。また、練習試合も懐風館高校のグラウンドで行うことが多いので、毎試合保護者がたくさん応援に駆けつけてくれて、それが僕たちの励みになることです。

 先輩たちは僕たちにとてもいい伝統を残してくれました。野球のことはもちろん、礼儀や努力など野球以外のことの大切さを教えてくれました。その伝統を守りつつ、僕たちも後輩たちにいいものを残していけるように頑張っています。

 チームメイト全員が仲良く、とてもいい雰囲気で練習ができています。勉強と部活動の両立は難しいですが、わからないことがあれば丁寧に教えてくれる先生方がたくさんいます。

また、勉強と部活動は共通することがたくさんあります。例えば、仲間と助け合うことです。勉強で分からないことがあれば仲間と教え合い、部活動でもつらい時にはみんなで支え合います。そういうことを経験できたので、3年間で自信がつきました。

 皆さんもよかったら、懐風館高校で充実した3年間を過ごしましょう。

部活動

  1. 部活動について
  2. 運動部
  3. 文化部